男の人

確実に薄毛問題が改善する植毛手術|注目のAGA治療薬ザガーロ

どのタイプにも効果的

髪の毛

福岡のAGAクリニックが処方するザガーロは、AGA治療に高い効果をもたらす薬です。AGAは男性ホルモンが原因とされていますが、ザガーロはその男性ホルモンの分泌量を抑えられるのです。プロペシアと同じように思われますが、ザガーロは酵素のタイプに関係なく作用する治療薬となっています。

もっと読む

手術方法ごとの利点

笑顔の男性

大阪のクリニックで行われる植毛手術には、それぞれ異なる種類が存在します。FUT法と呼ばれる方法ならば髪の定着率が高く、FUE法ならば素早く薄毛の治療を行なうことができます。単一植毛法であれば、素早い治療と自然な仕上がりが得られるので、多くの人に選ばれている治療法です。

もっと読む

自家移植と人工による違い

髪に触れる男の人

十代の頃であれば、薄毛の問題など先の話だと多くの男性は心配をしないものです。しかし、早い人であれば二十代後半から髪が薄くなり始めるため、少しでも兆候が見え始めた場合はすぐに対処を行なわなければなりません。多くの人は薄毛が目立ち始めても、薄毛治療を行なうことを恥ずかしがってしまい、対応が後手に回ってしまいます。髪型を替えることで薄くなった頭皮を目立たせなくする人は多いですが、薄毛は放置すれば勝手に治ってくれるものではありません。放置すれば症状は進行し、やがてどれだけ髪型をセットしてもカバーしきれないほど薄くなってしまうのです。髪が薄くなって来た場合、AGAなどの症状に対応してくれる東京のクリニックへ相談するとよいでしょう。ザガーロなどの治療薬の使用やメソセラピーによる発毛治療のほか、植毛手術によって薄毛の問題を解消してくれます。

薄毛の問題を迅速に改善する治療法といえば、東京のクリニックが行なう植毛手術が挙げられます。AGA治療薬やメソセラピーによる治療も薄毛には効果的ですが、効果を実感できるまで時間が掛かるので、すぐにでも薄毛を改善したいとする人は満足できないでしょう。植毛であれば髪を薄くなった部位に直接植えこむことができるので、薄くなった頭部をすぐに改善することができます。植毛手術にはそれぞれ自家植毛と人工植毛の二つが存在します。自家植毛ならば、後頭部に生えた髪を採取し、薄くなった頭皮へと植えこむことができます。定着率が非常に高いので、植えた後は自然な髪として成長させることができます。人工植毛は人工的に作られた髪を頭皮に植える方法です。定着させることはできないものの、自家植毛とは違い髪を採取する手術が必要でないため、手術がスピーディーに行なえるのが特徴です。価格も人工植毛の方が安いので、コストやスピードを取るか、定着率の高さを取るか希望する手術法を事前に選びましょう。

頭皮の炎症を抑えて改善

医者

皮膚科が行なう発毛治療は、頭皮の炎症を抑える洗浄機の使用やメソセラピーを行ないます。薄毛の問題は、頭皮の炎症によって引き起こされる場合もあります。炎症を抑えるために皮脂を除去し、さらに血行促進と育毛効果のある薬剤を直接注射することで、高い治療効果が得られるのです。

もっと読む