男性

確実に薄毛問題が改善する植毛手術|注目のAGA治療薬ザガーロ

どのタイプにも効果的

髪の毛

男性に現れる薄毛の原因は、多くがAGAと呼ばれる症状によって引き起こされます。このAGAはある特殊な男性ホルモンが作用することによって現れます。ジヒドロテストステロンという特殊な男性ホルモンが作用し、髪の発毛サイクルを乱すことで薄毛が目立つようになるのです。髪の毛には一本一本に発毛する時期というものが決められています。休止期に入る細胞の代わりに、別の細胞が発毛期に入ることで、頭部には常に一定量の髪が維持されるのです。しかし、ジヒドロテストステロンによってこのサイクルが乱されると、髪が十分に成長する前に抜けてしまい、次々と毛母細胞が休止期に入ってしまいます。たくさんの細胞が一斉に髪を作らなくなるので、薄毛が目立つようになるのです。ジヒドロテストステロンは頭頂部や額の付近に多く分泌されるホルモンなので、これらの部位から薄くなることが多くあります。AGA治療を行なうならば、これらの男性ホルモンの作用を抑えることが最適といえるでしょう。福岡のAGAクリニックでは、このジヒドロテストステロンの作用を抑えるザガーロと呼ばれる薬剤を処方しています。服用することで、体の内側から男性ホルモンの影響を抑えてくれるのです。

福岡のAGAクリニックが処方するザガーロとは、プロペシアに並ぶAGA治療薬として注目されています。プロペシアといえば、ジヒドロテストステロンを作りだす酵素の働きを抑える薬です。服用することでジヒドロテストステロンの量を減少させられるので、AGAの進行を抑制し薄毛の改善ができるのです。福岡のクリニックが処方するザガーロは、プロペシアと同じく、ジヒドロテストステロンを作る酵素を抑える作用があります。プロペシアとの違いは、どのようなタイプのAGAにも効果があるという点でしょう。AGAを誘発する酵素には一型と二型があり、プロペシアは二型に作用する薬です。一型には効果がないので人によってはAGA治療が困難となりました。しかしザガーロであれば、一型や二型といったタイプに関係なく作用するので、多くのAGA患者に高い作用をもたらしてくれるのです。福岡のクリニックが処方するザガーロは、プロペシアと同じくきちんと国内でも認可が受けられている薬なので、安全性についてもしっかりと調べられています。誰でも安心して飲むことができるでしょう。